アース・トゥー・エコー(字幕版)

iTunesムービー

              購入はこちらから   

アース・トゥ・エコーの紹介:

2014年アメリカ映画。高速道路建設のため立ち退きが決まったある町に異変が起こる。いつもつるんでいるアレックス、タック、マンチの携帯に謎の画像が浮かび上がったのだ。それがどこかの地図であることを突き止めた彼らは立ち退く前にこの画像の謎を解くことを決意。そして向かった先の砂漠で見つけたのはガラクタのような鉄の塊だった。見つけたのはただの鉄くず、しかしそれが彼らにとって忘れられない出会いとなる。10代の少年を主人公にしたジュブナイルSF映画。
監督:デイヴ・グリーン 出演:アレックス(テオ・ハーム)、タック(ブライアン・”アストロ”・ブラッドリー)、マンチ(リース・ハートウィグ)、エマ(エラ・ワレステッド)、ほか

 

アインソフのオススメ関連動画

The 5th Wave フィフス・ウエイブ

あらすじ

4度の攻撃を加えた人知を超えた知能を誇る地球外生命体アザーズが、人間の内部に侵入できるために他人を一切信用できないという状況下で、アザーズが地球人の弱点を攻撃し世界人口の99パーセントが欺瞞と強迫により支配され死滅。そんな荒廃した世界で、女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は離れ離れになった弟の行方を追っていた。彼女は一人の男性と出くわす。彼をアザーズではないかと疑いながらも惹(ひ)かれるキャシー。弟が連れ去られた可能性のある基地に二人で向かうが、アザーズによる第5の攻撃が始まろうとしていた。

 

 

ダイバージェントNEO

あらすじ

全米で大ベストセラーとなった新人作家ベロニカ・ロスのティーン向けディストピアSF3部作を映画化する近未来SFアクション・シリーズの第2弾。2015年アメリカ映画。ヴェロニカ・ロスの大ヒット小説を映画化した2014年公開の「ダイバージェント」の続編で、全人類を性格ごとに“勇敢”、“高潔”、“平和”、“無欲”、“博学”という5つの共同体に振り分けて管理する近未来世界のシカゴを舞台に、いずれにも属さない異端者とされた主人公たちがこの世界の謎を解き明かそうとするSFアクションです。16歳になり適性検査で“異端者=ダイバージェント”と診断され、危険分子として政府から命を狙われる存在となった少女トリス。“博学”の指導者ジェニーンに操られた“勇敢”の部隊に追われる彼女は、恋人のフォーとともに、いずれの共同体にも属さない集団“無派閥”と合流する。彼らのリーダーは、死んだと思われていたフォーの母親イブリンだった。そんな中、トリスの両親が命がけで守ろうとした“箱”の解明に取り組むジェニーンだったが…。

ダイバージェントNEOの結末

フォーとピーターは脱出を促しますが、トリスは「箱」を開けなければならないと拒否、再び「箱」を開けるための試練に挑みます。トリスは再び自らの心の闇と向き合い、遂に試練をクリアします。「箱」の中身とは、祖先が遺したメッセージでした。ダイバージェントとは危険な異端者ではなく、かつての最終戦争で滅亡寸前まで陥った人類を正しく導くことのできる救世主的な存在であること、フェンスで外の世界と隔離されたトリスらの世界は意図的に作られたもので、フェンスの外には今でも人類が生き延びているということが明らかになります。間もなくジェニーン率いる「博学」はイブリン率いる「無派閥」と「勇敢」の連合軍に攻められ、ジェニーンは失脚します。そして「箱」のメッセージは5つのテリトリーの全ての住民に公表され、人々は世界はまだ滅びていないことを知り、フェンスの向こう側へ関心を持ち始めました。捕らえられたジェニーンはイブリンにより殺害され、トリスたちはフェンスの外の世界に行くことを決意しました。

引用先:映画「ダイバージェントNEO」のネタバレあらすじ結末

この映画の視聴者が購入している商品

Trailer:予告編

投稿者: @EnKaiPan